macOSでMySQLをアップグレードする場合のバージョン管理

ジャンル:パソコン関連
カテゴリー:OS
サブカテゴリー:macOS

macOSに新バージョンのMySQLのパッケージ(DMG)をインストールすると、プログラムは /usr/local/ 配下の mysql-version-osx**.**-x86_64 のディレクトリに配置され、/usr/local/mysql に対して自動で新バージョンのディレクトリへのシンボリックリンクが張られます。
$ ls -la /usr/local/
total 104
...
lrwxr-xr-x   1 root    wheel     28  6 19 15:24 mysql -> mysql-5.7.13-osx10.11-x86_64
drwxr-xr-x   3 root    wheel    102 10 18  2014 mysql-5.5.25-osx10.6-x86_64
drwxr-xr-x   4 root    wheel    136  6 19 14:52 mysql-5.6.21-osx10.8-x86_64
drwxr-xr-x  12 root    wheel    408  6 19 15:25 mysql-5.7.13-osx10.11-x86_64
なので、新バージョンをインストール後、古いバージョンはディレクトリごと削除すればいいだけです。

なお、データベースのデータに関しては、そのまま新バージョンのディレクトリにコピーすると問題が起きる可能性があるため、事前にダンプを取得し、新バージョンにリストアするのが無難です。

ちなみに、MySQLのパッケージはhttp://dev.mysql.com/downloads/mysql/からダウンロードします。

公開日:2016年06月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加

サブカテゴリー別記事一覧 > macOS > macOSでMySQLをアップグレードする場合のバージョン管理

 macOSの記事一覧

記事のサブカテゴリー
最近の記事

このページのトップに戻る