ストラウストラップの本の話

ジャンル:書籍
カテゴリー:プログラミング
サブカテゴリー:C++の書籍

私は職業プログラマーではなく、趣味の範囲ですが、プログラミング言語C++の生みの親であるストラウストラップのファンです。
現在購入できるストラウストラップの日本語訳された本は以下の4冊です。(古本を除く)
  • プログラミング言語C++ 第4版(SBクリエイティブ)-> The C++ Programming Language (4th Edition)
  • ストラウストラップのプログラミング入門(翔泳社)-> Programming: Principles and Practice using C++ (1st Edition)
  • C++によるプログラミングの原則と実践(KADOKAWA/ドワンゴ)-> Programming: Principles and Practice using C++ (2nd Edition)
  • C++のエッセンス(SBクリエイティブ)-> A Tour of C++
※->の後ろは原書名

その内、Kindle 版があるのは以下の2冊です。

Kindle 版あり
  • プログラミング言語C++ 第4版
  • ストラウストラップのプログラミング入門
以下は今のところ電子書籍版はありません。

紙の本のみ
  • C++によるプログラミングの原則と実践
  • C++のエッセンス
彼の著書はC++の生みの親だけあって、プログラミング技法やC++の仕様については網羅し尽くされていますが、それだけではなく、プログラミングやプログラマー、ソフトウェアとは?という点についても卓越した見識を持っており、それが著書の随所に見られます。
ある意味カリスマ性があり、彼の著書はただのプログラミング言語の解説だけではない、読み進めていく楽しみがあります。

また、「プログラミング言語C++ 第4版」の優れた翻訳も読む楽しさを倍増させてくれています。
私は「プログラミング言語C++」の第2版、第3版も持っていますが、第2版は翻訳された日本語が難解で断念しました。
また第3版は翻訳は悪くないですが、電話帳のようにズッシリと重く、主に通勤時の電車で読むのですが、とても毎日持ち歩けるレベルではありません。

そのため、素晴らしい翻訳の最新版が Kindle で出た事は、望外の喜びでした。
今、楽しく読んでいます。

また、「C++によるプログラミングの原則と実践」は、出版社が異なるためかタイトルが異なるので分かりにくいですが「ストラウストラップのプログラミング入門」の最新版です。
しかし Kindle 版があるのは初版の「ストラウストラップのプログラミング入門」だけです。
しかも入門書であるにもかかわらず「C++によるプログラミングの原則と実践」は分厚く重量があり持ち歩ける代物ではありません。
そのため初版ではありますが「ストラウストラップのプログラミング入門」の Kindle 版も購入しました。
※とはいえ、原書でも2008年の出版なのでそこまで古くもないです。(日本語訳版は2011年)
現在こちらも並行して楽しく読んでいます。

追記:
kindle版は今のところ出ていませんが、達人出版会さんから電子書籍版(PDF、EPUB)が出ていました
http://tatsu-zine.com/books/cpp-programming

「C++のエッセンス」についても紙媒体のみですが、「プログラミング言語C++」があるので、今のところ購入する予定はありません。
※「C++のエッセンス」(A Tour of C++)は「プログラミング言語C++」に含まれています。

公開日:2016年11月18日

このエントリーをはてなブックマークに追加

サブカテゴリー別記事一覧 > C++の書籍 > ストラウストラップの本の話

 C++の書籍の記事一覧

  • ストラウストラップの本の話

    公開日:2016年11月18日

記事のサブカテゴリー
最近の記事

このページのトップに戻る