このエントリーをはてなブックマークに追加

PHPでサーバサイドのWebサーバを構築する(2) - PHP言語の基本

PHP 言語は C++ 言語と似ています。
また記述するスタイルは HTML ファイル内にコードを埋め込む形式で記述し、JSP のスクリプトレットと同じ感覚です。

PHP 言語で記述するには

HTML ファイル内に PHP 言語で記述する場合は、PHP コードを <?php?> の間に記述します。(jsp のスクリプトレットの <% %> と同じです)

変数を定義するには

PHP 言語では変数の定義は変数名の頭に $ を付けます。

例)
$str = ""; また、PHP 言語では型は自動的に型変換してくれるため、明示的に型を指定する必要はありません。
ここは C++ や Java などのように型に厳格な言語とは大きく異なる点です。

文字列を連結するには

文字列は . (ドット) で連結できます。(Java の + と同じです)

文字を出力するには

文字列の出力は echo 文を前に付けます。
それ以外は C++ 言語と殆ど同じ構文で記述できます。
例)
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"> <html> <head> <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8"> <title>PHP Test 1</title> </head> <body> <h1>PHP Test</h1> <?php $str1 = "これは"; $str2 = "テストです"; echo $str1 . $str2 . "。"; ?> </body> </html> 出力結果:

if else 文

if else 文で出力内容を変える事もできます。
以下は "user_name" パラメータがあれば見出しにユーザー名を表示、無ければ表示しないというプログラムです。
例)
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"> <html> <head> <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8"> <title>PHP Test 2</title> </head> <body> <?php if (isset ($_GET['user_name'])) { ?> <h1>「<?php echo $_GET['user_name']; ?>」さんの欲しいもの一覧</h1> <?php } else { ?> <h1>みんなの欲しいもの一覧</h1> <?php } ?> </body> </html> 出力結果:
パラメータ無しの場合(index.php)

パラメータ有りの場合(index.php?user_name=hogehoge)

while 文

以下は while 文を利用して配列内の要素を1つ1つリストとして出力しています。
例)
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"> <html> <head> <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8"> <title>PHP Test 3</title> </head> <body> <ul> <?php $item_list = array("りんご", "いちご", "レモン", "みかん", "メロン"); reset($item_list); while (key($item_list) !== null) { echo "<li>" . current($item_list) . "</li>"; next($item_list); } ?> </ul> </body> </html> 出力結果:


以上、簡単ですが PHP 言語の基本はこんな感じです。
PHP には多数の構文がありますが、詳細は以下の書籍を読むことをお勧めいたします。

大切なのは、他の言語もそうですが、PHP 言語に用意された構文の動作を1つ1つ実際に試し、応用を繰り返す事です。

公開日 2011-09-10

サブカテゴリー別記事一覧 > PHPプログラミング > PHPでサーバサイドのWebサーバを構築する(2) - PHP言語の基本

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事

このページのトップに戻る