このエントリーをはてなブックマークに追加

JavaでサーバサイドのWebサーバを構築する(1) - テスト環境の構築

はじめに

個人でサイトを開設する場合、殆どの場合データベースと連携した、サーバサイドプログラミングを使用したサイトを構築するでしょう。
もちろんISPのブログやレンタルサーバに用意されているWordpressなどを使用する手もありますが、それでは本当に自分の作りたいサイトは作れません。
私はJavaとPHPを使用したサイトを構築していますが、Javaを使用したWebサーバの作成方法をまとめる意味も込めて、いくつかの記事にしたいと思います。

さて、初回はテスト環境の構築についてです。
Webサイトを作成する場合、必ず開発環境やテスト環境が必要です。
私の場合、Javaの開発およびテスト環境には Netbeans を使用しています。
というのもこのツールは本家の Sun Microsystems(現在、Oracle)のツールだけあって使い勝手がいいのです。

必要なプログラムのダウンロード

開発環境は Windows を前提とします。
とりあえず、最初に必要となるのは以下の4つのプログラムです。

Netbeans
ここからダウンロード

JDK
ここからダウンロード

PostgreSQL
ここからダウンロード

JDBC ドライバ
ここからダウンロード


プログラムのインストール

最初に JDK をインストールします。



次に Netbeans をインストールします。
Netbeans のインストール時に注意すべき点は、Tomcat がオプション扱いとなっているため、インストール時に [カスタマイズ] ボタンより Apache Tomcat にチェックを付けておくのを忘れない事です。





後は [次へ] と [完了] を押すだけです。



続けて PostgreSQL もインストールします。


Netbeans とデータベースの初期設定

データベースを作成するために、スタートメニューから PostgreSQL のツールである [pgAdmin III] を起動します。
[新しいサーバー登録] に必要項目を入力し、ログインします。





次に新しいデータベースを作成します。
データベース名は "test01" とします。





次に Netbeans を起動します。
初めの起動画面です。



まず、テスト用のプロジェクトを作成しておきます。
[カテゴリ] で Java Web を選択し、[プロジェクト] で Web アプリケーションを選択します。



後は、とりあえず初期設定のままでいいでしょう。





サンプルの index.jsp ページのソースが表示されます。



次に [サービス] タブをクリックし、PostgreSQL の先ほど作成した "test01" データベースにログインします。



[データベースの新規接続] 画面で必要項目を入力し、[了解] をクリックします。



スキーマは初期設定のままでいいでしょう。



これで Netbeans から PostgreSQL のデータベースの操作が行えるようになりました。



最後にライブラリに JDBC のドライバを追加します。
これは Tomcat が PostgreSQL にアクセスするために必須です。
[ライブラリ] を右クリック > [JAR/フォルダを追加] をクリックし、ダウンロードしておいた JDBC ドライバを選択します。





[ライブラリ] 一覧に JDBC ドライバが表示されたことを確認しましょう。



これでとりあえずのテスト環境はできました。

公開日 2011-04-08

サブカテゴリー別記事一覧 > Javaプログラミング > JavaでサーバサイドのWebサーバを構築する(1) - テスト環境の構築

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事

このページのトップに戻る